Sunablog

東京に出た島根出身の大学生が自分の人生を邁進する中での備忘録。

なぜ人は変われないのか?

 

何が人を変えるのか。

 

僕もずっとこれを考えていた身でした。

 

皆さんも、勉強が続かない、ダイエットが続かない、本を読む習慣がつかない、などなど、、、、

変えようと思っても変われないこと経験されていると思います。

 

「何が人を変えるのか」

人類全体の共通の問いでもあると思います。

 

 

でも最近なんとなくではありますがわかったと思います。

 

僕は、人を変える要素は大きく分けて3つあると思います。

・自分の意思

・人の言うこと

・環境

 

です。

 

 

これが、1:2:7の割合の強さで存在していると思います。

 

人間は所詮、意志の弱い生き物で、自分の意思でいつもの自分を変えることはほぼ不可能に近いです。

新年を持って行動すれば、人は変われる。強い意志を持て!

確かに変われるとは思います。

 

でも多分、10回に1回ぐらいじゃないですか、実際。

 

僕もそうです。よし明日から本を読む習慣をつけよう!

 

2週間でダメになりました。意外に頑張ったなとは思いますが。

 

 

中学、高校の頃。

「勉強しなさい!」

 

そう言われてやったことはありますか?

 

きついですよね。

 

 

自己啓発本を読んで、筆者の格言的なものに感動して、その時は「これでやっと変われる!明日から頑張ろう!」

 

一時的な効力はありますが、何日かしたらやはり薄れて元に戻る。

結局この繰り返しのとうな気がします。

 

「人の言うこと」もまた効力は薄い。

 

 

皆さんはなぜ、学校に行きますか?

会社に通いますか?

 

適した環境がそこにあるからです。

 

なぜテスト勉強をわざわざ、家じゃなくて図書館に行ってするのか、カフェに行ってするのか。

 

環境を通して集中し、自分のモードが切り替わるからです。

向上心がある人たちとつるむと自然に自分も向上して行きます。

逆にサボりぐせのある人とつるむと自分もサボりがちに。

 

 

みたいな感じで環境は本当に人を変えてくれます。

良くも悪くも。

 

 

環境を意識して生きていこうと思った今日この頃でした。