Sunablog

東京に出た島根の学生の備忘録。

右手にロマン、左手にソロバン、心にジョーダン

 

こんにちは!

久々の更新です。

 

今回は以前出演させていただいたラジオ番組の打ち合わせ兼座談会に参加させていただいた時感じた、学んだことを書こうと思います。

 

まず今回の座談会を主催していだだいていたラジオ番組

ゆめのたね放送局というインターネットラジオ局

「笑顔の港」とい番組

http://www.yumenotane.jp/wp-content/uploads/2016/11/メイン.png

ラジオ番組「笑顔の港」@ゆめのたね放送局
毎週月曜21:00~21:30
★弦本さん出演日時:3/19、3/26(※再放送)
下記URLの【東日本チャンネル】の再生ボタンより聴くことができます
http://www.yumenotane.jp/egawo-no-minato (番組紹介HP)
http://www.yumenotane.jp/ (ゆめのたね放送局公式HP)
*笑顔の港 facebookページ: https://www.facebook.com/egaonominato/

 

 

この番組ではパーソナリティのえっちゃんことえつこさんが、ビビッと来た自分の人生を突き進んでいる、そして「突き進もうとしている人」をゲストとして招いて、

自分の考え・想いをあるがままに語って行くというめちゃくちゃ素晴らしい番組です!

 

 

 

何が素晴らしいかって、前文でも強調した自分の夢に向かって「突き進もうとしている人」もゲストとして迎えて、想いを語ってもらっているところ

 

普通のラジオ番組とか、TV番組って、やっぱ有名な人とか、自分の夢や目標を「成し遂げている人」に注目しがちです。

それは必然で、そっちの方が、注目を集めやすいから

 

 

でもそんな中で、今頑張って進み中・成長中の人たちもゲストにしているのがこの番組。

成長途中だからこその悩みとか、奮闘模様とか、そういうのが他の番組にない魅力を持っていると思います。僕も、以前、この番組で成功体験だけでなく、苦労話もたくさんさせてもらいました。

 

クラウドファンディングが顕著な例ですが、無名の何も影響力を持っていない一個人でも、社会に対して声をあげられる、自分の価値観ややりたいことを発信できるようになっているのはこのラジオ番組の例からしてもすごく感じていて、

めちゃくちゃ価値のあることだなと思います。

 

暗いニュースが目立つ今日この頃ですが、そこらへんは今の日本で輝いている、明るい話題だと思います。

 

 

このブログでも何回もラジオについての記事をあげている、ラジオ中毒の僕がすごくいいと思える番組なので、ぜひチェックしてみてください!

「笑顔の港」

www.yumenotane.jp

 

 

 

過去のラジオに関しての記事はこちら↓

sunapong.hatenablog.com

 

sunapong.hatenablog.com

 

 そんで、ここからがタイトルにある

「右手にロマン、左手にソロバン、心にジョーダン」

の話

f:id:sunapong:20180220210237j:plain

 

 

 

 

今回、記事の前半で紹介したラジオ番組「笑顔の港」に最新回に出演されていた

弦本卓也さんから色々話を聞かせていただきました

弦本卓也(つるもとたくや)

①株式会社リクルート 住まいカンパニー
ネットビジネス統括本部 企画グループ

②TOKYO PRODUCERS HOUSE(弦本ビル)
http://producershouse.jp/

高専ベンチャー
http://kosen-venture.com/

・プロフィール
https://tsurupon.co.jp
-----------------------------------

 

 

弦本さんは、新卒からリクルートに就職されて、そこから7年、社内の最前線で人事として活躍するだけでなく、自分で数々の事業を社外で立ち上げ自分のやりたいことを存分にやっておられる方です。

 

中でも目を引くのが"弦本ビル"。

 

リクルート入社直後に、「誰かビルを買わないか」という話があり、その話を聞いた3.4日後に購入を決め即買。

自身の名前をビルの名前にし、運用を開始しました。

 

最初は当然、ビルを買っただけなので収益はなし。

月々のローンがある訳で、普通の人だったら焦ってわんやわんや。

僕がその立場だったら焦りMAX、他のことに頭回りません

 

てかまず、ビル買いませんかって言われて3.4日で意思決定して買うなんてことがないかもしれないですが笑

 

しかし、弦本さんは全然焦らなかった。

なぜなら"ソロバン"をしっかり弾いていたから。

 

「ビルを購入する」というロマンを持ちながら、

しっかり月々の固定費が自分の生活や、その他の事業に影響が出るのかどうなのか、

計算していたのです。

 

んで、リクルートの豊富な人脈、情報を活用して、入居業者を獲得。

 

今では1階は飲食店、2階はコワーキングスペース、その他の階も自分の会社のオフィスやシェアオフィス、シェアハウスとして全入りです。

 

まさに自分の世界。世界観を持ててるなと。

こういうのすごい憧れますよね。

 

ロマン、ソロバンを持っている人は強い。

ちゃっかり心にもジョーダン・遊び心をもって事業をされています。

 

 

入居業者の中でも、特にユニークなのが

「TOKYO PRODUCER'S HOUSE」

通称"プロハ"

producershouse.jp

 

人それぞれの「やりたい!」を形にしていくことを応援してくれる。そんな場所です。

 

 

ここではコワーキングスペースとしての利用はもちろんのこと、

イベントスペースとしての利用も月額制で使い放題!

詳細は上のリンクから見てみてください

 

 

 

そして、その「プロハ」

次々と面白い取り組みをしています!

 

プロハ夢手帳

producershouse.jp

 

これは自分のやりたいことに向かって取り組んでいる若者12人のインタビューをまとめ、その都度、テーマに沿った自己分析のワークができるようになっていたり、

自分の気になったところにコメントを書き込んだりできるようになっています。

 

自分色に染めることのできる、ありそうでなかった。そして、自分を含め多くの若者が欲していた自分のやりたいことを見つける、そしてそれをアクションに落とし込むことができるまさに「夢」の一冊です。

欲しい。。。

 

 

 

はい。

まあそんなこんなで、いろんな話を聞かせていただいだ僕ですが、

前々から「やりたいこと」と「稼ぐこと」の2つのワードの間で板挟みになっていたこともあります。

そのことに書いた記事が2弾編成であるので、読んでみてください。

 

sunapong.hatenablog.com

  

sunapong.hatenablog.com

 

 

まあ、世の中やりたいことを見つけるのが大事だーとか

自分の軸を見つけなさいーとか

 

色々言われて疲弊している人もいると思います

 

僕が思うに

実際、

やりたいことがない

っていうより 

自分がやりたいと思えて"稼げる"ことがない

 

っていう悩みを持っている人が大半だと思います。

 

だから、自分のロマンが決まったら

その達成したい世界観はどれくらいのお金がかかるのか

そのロマンがビジネスになりうることだとすれば、

どれくらい収益が上がるのか。

 

だけど、クソ真面目でもよくない

 

自分が考えていてワクワクするような、ジョーダンのある夢じゃないと意味がない

 

まだ自分のやりたいことが明確でない人は

考えてみてください

ロマン・ソロバン・ジョーダン

 

 

 

 

そんなこんなの今日この頃。