Sunablog

東京に出た島根の学生の日記兼備忘録

単純に自然を感じたい

こんばんは。

 

恵比寿のMcにて記事を執筆しております。

 

というのも、今日恵比寿で全国各地の地方自治体や、移住定住関係の団体が一堂に会すうUIターンフェス的なことをやっていたのですが、なんとそれが明日開催だったというスパークールな勘違いをかます所から今日一日がスタートしました。

 

で色々、作業をして、なんやかんやして今を迎えるわけです。

 

 

 

で、

今回のテーマが「自然を感じたい」という

なんおことやら分からないものなのですが、

 

今日、前述の通りUIターンフェスにいくにあたって、超真面目な僕は、なんでみんなUIターンをしたがるのか、

そして、僕も地元島根などなど田舎が好きなのですが、それはなんでなんだろうなと思って、色々電車の中で考えていたなんの利益もないことを書いて行きます。

 

 

まず、なんでUIターンをしたがるんだという所ですが、

いろんなデータを見る中で、結構共通していることがありました

 

一番は「地元に貢献したい」ということ

 

これはUターン者限定ですが、そういう思いが強いんだなということを改めて感じました。自分が生まれ育った場所の為に何かしたい。そんな思いを抱く若者は多い。

 

二番目は家族と生活したいと言った類の理由

 

親の介護など現実的なものから

自分の子供を都会とかで育てるより、自然がたくさんある田舎で育てたい

そう言った思いで移住する人も多いみたいです。

 

 

UIターンって結構勇気が入ります。

自分が今、作っている生活環境や職を一度リセットして別の場所に生活の拠点を移すわけですからすごい勇気が入ります。

 

でも、その不安な部分と天秤にかけても、移住をする選択をとっている人もたくさんいます。

それが上記の理由たち。

 

特に「地元に貢献したい」というのはかなり強い思いがないとそれを志として立てて、帰ることはできません。単純にしている人はすごいと思います。

 

 

そんな中、僕個人として、なぜ地元島根などの田舎が好きなのか、考えたところ

 

「単純に自然を感じたい」というところに行きつくような気がします。

 

この前、知り合いの方の元を訪ねて、鳥取の大山町という所に行ってきたのですが、

もうすごい感動。

 

こんな所で過ごせたら、楽しいだろうなって思える

美しい自然ばかりでした。

 

 

田舎のいいところは?っていう質問の答えに

「自然がいっぱいなところ」とか聞くと

すごいありきたりで、逆になんかバカにしているような、そんな感覚になってしまいがちですが、やっぱり自然っていいねって思えた訪問でした。

 

f:id:sunapong:20170929185312j:plain

↑その時の写真です

この向こう側は崖です笑

 

 

 

 

 

で、なんなん??っていう今回は記事内容でしたが、

そんな感じに思ったってだけです。

 

前述したように誰得な記事でしたが、自然っていいですよ。

 

みなさん、今すぐとは言いません。いつかは島根に!

 

 

そんな今日この頃