読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Sunablog

東京に出た島根出身の大学生が学生起業を目指し日々邁進していく中での備忘録。

もう1月終わりかよ、、、って思った人は要注意!

こんにちは。

 

少し更新が遅れてしまいました、、、

 

自分の中では一応1週間に1度は更新するノルマにしてます。

 

怠け者の僕には珍しく、このブログを始めた当初から大体守ってます。

大体w

 

これだから更新が遅れるんですよね笑

何にしても継続は大事です。

 

 

さて今日のネタは『時の流れの感じ方』です。

 

今日は2017/01/31。

一月は今日でラストです。

 

いやーーーーもう一月終わりか〜〜〜

早いな〜〜と思っているそこのあなた!!!

 

これ、危険信号出てます!

 

この時の流れの感じ方ですが、よく言われるのが歳を取るごとに時の流れを早く感じる。というものです。

 

これ、実はあっているようであってないんです。

 

この論では

起こっている「時の流れを早く感じる」という事象に対して、

要因が「年齢を重ねること」ですが、正しくは「生活のルーティン化」です。

 

 

子供の頃は1年がすごく長く感じた要因は、「新鮮な経験をたくさんしているから」なんです。

 

初めてする行為、初めて訪れる場所、初めて会う人達、これらすべてが日々の生活の心理的な時の流れの感じ方を、長く感じる方へとひっぱっている訳です。

 

 

っていうことは年齢が時の流れの感じ方を左右するわけではないので、大人の人にも「時の流れを遅らせる」ことは可能!ってことです!

※超能力者的みたいに物理的に時の流れを遅らせるのは無理です笑

 

 

僕の場合、去年はおかげさまで本当に長ーーーい1年間を過ごさせてもらいました。

 

田舎の島根から東京に上京してきて、大学に入り、いろんな人に出会い、いろんなことをしました。毎日が新鮮な2016年でした。

そりゃ長く感じます。

 

 

今年一年の目標は何ですかと聞かれたら、あえて僕はこう答えます。

「一年間をながーーーく生き抜く」

 

 

 

 

 

もし最近、時間の経過を早く感じてしまう人がいましたら、

何か新しいことを始めたり、新しい人に会いに行ったり、新しい挑戦をして自分のこれまでのルーティンを壊してみてはいかがでしょうか。

 

2017年をながーーーく生きてみましょう。

 

 

そんなことを思う今日この頃でした。

 

 

 

おまけ・・・・島根のばーちゃん家のネッコ、そう、しまねっこ!!!※すみません

f:id:sunapong:20170131205524j:plain