読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Sunablog

東京に出た島根出身の大学生が学生起業を目指し日々邁進していく中での備忘録。

なんで大学通ってんだ俺、、、

おはこんばんにちは、sunapongです

 

 

今日テスト全部終わりましたー

 

大学に期待して、ラク単など一切考慮せずに授業を選んでいた僕としては地獄の日々でした、、、、、

 

自分の興味のある学問ができると思って胸を高鳴らせて入学した春、、、

 

例に寄って大学のそれは全くと言っていいほど期待できるものではなかった。

 

 

最近ふと思ったのが「大学行く意味なくね?・・・」

高い学費払ってまで、大学に入った意味、、、、

いやなくね?

 

こんな問いを自分の中で繰り返していました。

多分大学生時代を経験した人なら誰でも最初にぶち当たる疑問だと思う。

 

このことについては、僕もいろんな人に聞いて回っていろんな答えをもらった

 

ある人は「自分の学びたいことを学ぶため」

   僕「あー、、なるほど!、、、」(それできてたらこんな質問してねえよ)

 

ある人は「人脈を広げるため」

   僕「あ!確かに!、、、、」(興味のない人脈しか広がってないんですけど)

 

またある人は「彼女を作るため」

   僕「!!!!」(それは言えてる、、、)

 

とまあ帰ってくるのはこんな感じの答えばかり

 

そしてある日これまでとは違った斬新な答えをもらった

 

その人「学生という権利をもらったって考えればいいんじゃないかな」

  僕「、、、そうか!それだ!」

 

学生という権利をもらっている。もし俺が高卒の何してるかわからないフリーターだったらどうだったか。

今自分が参加したりしている学生限定イベントにも参加できないし、学生限定で奨学金が出る留学プランに応募さえさせてもらえない。そして何より、大学生という身分である程度失敗が許され、いろんなことに積極的に挑戦できる。他にも数え切れないくらいの利点が大学生にはあると実感させられた一言だった。

 

でもこの利点を生きカスも殺すも自分次第。最大限活用して学生時代を全うしたいと思う今日この頃です。