Sunablog

東京に出た島根の学生の日記兼備忘録

大学生の時にやっておいた方がいいと思うこと

 

やりたいことが見つからない大学生

僕ももう19なのですがイマイチやりたいことが見つからない。

 

「やりたいことが見つからない」

多くの若者が、そしてもしかしたら、大人も抱えている問題です。

 

僕の場合、色々やってみてはいるんですけど、これだっていうものがなかなか現れないんですよね。

そもそもやりたいことが突然現れるってことなんてないような気はしますが。

 

でも少なくとも、人の人生は限られていることはわかっているので、いつも自分の生活を振り返ってやりたいことができているのか、日々を楽しめているのか、確認する毎日です。

人生の時間は限られているということをもっと掘り下げると、今の年代でしかできないことがある、ということが見えてきます。

 

僕は今、19歳の大学生。

金はありませんが、時間はめちゃくちゃあります。

今、僕は日本の地域活性というものに興味を持ち、色々調べたり、イベントを開催して、同年代が、日本の地域活性についてどんな問題意識を持っているのか。というか、そもそも地域活性なんてもんに興味のある若者は東京にいるのかを探っているのですが、その中で色々発見はあります。

 

でも、なんでこんなことをしているのか大元を問いただせば、自分のやりたいことを探すためというのが大部分を占めているように思えます。

 

やってみなきゃわからないという思いで。

 

暗闇の中を手探り状態で、両手をブンブン振り回しながらなんか自分が興味のあることにぶち当たらないかなと期待しつつやってるだけです。

 

正直、地域活性に興味があるのかはわからないです。

 

よく言う、自分のやりたいことを探す方法で「自己分析」ってのがあります。

自分はどんなことが好きなのか、過去はどんなだったか、今熱中してることはなんだ、、、

 

色々考えるやつです。

自己を分析して、最終的に自分の人生における理念を出すかたちでやってみました。

 

すると、一応解は出ました。

「人の固定観念をぶち壊す」

 

なんかすごい抽象的ですが、それでいいです。

理念なら。

 

てかまず、理念て、なんやねんっていう話ですが、簡単に言ったら「自分の持っている価値観」です。

 

自分が何をした時に1番嬉しかったか。

自分が何をした時に相手が価値を感じてくれたか。

自分にとって社会で1番問題であると思うことは何なのか。

その価値観をまとめて言語化したものが「理念」です。

 

車で言えば、エンジンの部分。

人間で言えば心臓。

 

つまり、自分の人生を動かす原動力となる価値観です。

 

で、この理念を達成できるならば、やることは何でもいい。

 

理念が目的なら、仕事などの活動をすることはいわば手段に過ぎません。

 

 

車だってそうですよね。

エンジンを動かす原動力は何でもいいんです。

ガソリンでも、電気でも、はたまたハイブリットでも。

 

理念っていうのはそんな感じです。

 

何も大層な理念を考える必要はないと思います。

理念は自分の本心ですから、それが仮のものであっても、今後変わるかもしれないものであっても、考えついてしまえばこっちのもんです。

 

 

だから今僕は「人の固定観念をぶち壊す」ために、地域活性に興味を持つ東京の学生向けに、

深く知ってもいないのに「地方は〇〇」と考える固定観念を、スタディーツアーなどを企画したりしてぶっ壊しにかかっています。

 

 

 

 限られた時間で何をするか

残された大学生活あと3年。どう使おうか。

 

大学生活なんて、ほんと限られています。

そして、借り物の時間でもあります。

自分で学費を払っている方は違いますが、多くの場合、ご両親にお金を出してもらって大学に行っている人がほとんどじゃないでしょうか。

僕もそうです。

 

僕の好きなTHE BLUE HARTSというロックバンドの「夢」という曲があります。

 

その曲の中にこんな歌詞があります。

限られた時間の中で、借り物の時間の中で、本物の夢を見るんだ

www.youtube.com

 

これが時間の重要性をよく表していると思います。

すげーカッコつけてる感じですが笑

 

僕がたった1年間すけど特にやってよかったと思ったのは「交流」という項目です。

 

 

なんの交流じゃいってことですが、もちろん、人との交流です。

この1年間、僕は学外の人との交流に特に時間を当ててきました。

東京ということもあって、様々なバックグラウンドを持った人が、わんさかいます。

 

大学内の交友関係も大事ですが、一通り出来上がったら、自分の大学の外に出てみるのも楽しいと思います。

 

固定された環境にいると、どうしても自分の考え方も狭まってしまいがち。

バイトして、サークルして、講義出て、飲んで、バイトして、、、、、

みたいないわゆる大学生黄金サイクルが出来上がってしまいます。

 

 

それはそれで楽しいと思いますが、僕は嫌でした。

 

だから学外に出会いを求めました。

 

 

 そこでいろんな人と話して、情報をもらって、逆に情報を与えたりなんかして刺激をもらいました。

 

やっぱりいろんな人と交流していると、すごい苦しいです。

楽しいですが、苦しいです。

 

自分がずっと正しいと思っていたことが、他の人達にとっては間違いだったり、

意見が食い違ったり、人の意見を聞いて自分はこのままじゃダメなんじゃ無いかと思ったり。

 

僕はよく、会う人会う人に、焦り過ぎと言われます。

 

僕はそんなこと微塵も思ってないのですが笑

 

 

でも、視野が狭くなってるつもりはないし、日々の生活が焦りのせいで、雑にしているつもりはないです。

 

でも、他人からの「焦り過ぎ」という客観的な意見はまじで大事です。

 

ここは素直に受け止めて、一旦落ち着くべきところ。

ですが、やっぱり自分で納得しないと落ち着くなんて無理です。

人は結局は主観で物事を決めます。

 

 

色々書いてますが、後半で1番言いたかったことは、他人の意見をそのまま受け取るのは危険で、素直に受け止めて、最後は自分の意思で決めろということです。

 

受動的であれば、その癖がついていつまでも受動的な人生になってしまいます。

 

そんな感じです。

 

 

 大学生の時にやっておいたほうがいいと思うこと。

 で、本題のまとめですが

それは、僕が思うに「なるべく多くの種類の人との交流」です。

 

「多くの種類」というのがポイントです。

 

固定された人間関係の中で生きるのはやめた方がいいです。

 

視野を広く持っていろんなことに挑戦するべきです。僕ももっとこれからすべきことがたくさんあります。

 

そうすれば、どんな状況にも負けない自分になれて、最終的な自分の目標が見えてくると思います。

 

 

ぐっちゃぐちゃの文章ですみません。

でも、これが1年間大学生活をしてきて思う、

ありのままの自分の意見です。

 

 

 

そんなことを思う今日この頃でした。

 

 

 

 

ブログ書いててよかったこと、継続は力なり、成長なり

最近このブログについて嬉しいことがあったので書かせていただきます。

 

去年の春に東京に上京して、色々なことを経験しました。

 

日々、いろんなことを体験したり、人と会って話したり、面白い記事を読んだり。

いろんなことがありすぎたので、なんか自分の脳から情報が飽和してしまいそうだっので、7月ごろからこのブログを始めました。

 

最初はそりゃ読んでくれる人なんかいなくて、アクセス数ゼロの記事が並びました。

 

前の記事を読んでいただければわかると思いますが、文脈も意味わからないし、自分のこのブログ内のキャラも定まっておらずに、ほんとにおかしなことになっています笑

 

 

sunapong.hatenablog.com

 

 

このブログは毎日は更新していないですが、1週間に1度更新するという自分なりの目標を立てて始めました。

最初の頃はバラバラだったかもしれませんが、、、笑

 

めんどくさいと思うこともありましたし、アクセス数が伸びなくてもうやめようかと思う時もありました。

でも、毎週1回のこのブログを書くことは、先にも述べた、自分がしたたくさんの体験を整理するという意味では本当に有効だったし、

何より、何か物事を続けるという癖がついたことが一番の収穫かなと思います。

 

 

この、情報が誰でもいつでも入手できる現代では、情報の受け手になることが多いと思いますが、このブログやtwitterfacebookのようにちょっとしたアプリで発信者になることだってできます。

 

また、弊害として、ニュースなどのマスメディアの情報を鵜呑みにして、何も自分で考えずに、固定観念を持っている人が多すぎるように思います。

 

だから発信するように心がけるのです。

 

発信者になるには、必ず物事を1回自分の中に取り込んで、考えることが必要です。

本当にこの、受け取った情報を「自分で考える」のは何よりも大事なことだと僕は思います。

 

トランプ大統領は本当にただの暴君大統領なのでしょうか?

AIは本当に広まるのでしょうか?

英語は本当に必要なのでしょうか?

時間があるのは学生のうちだからって遊び呆けていいんでしょうか?

 

真実は全く違ったものかもしれません。

 

 

自分で考える、または、世の中に溢れている情報を、当たり前とされている情報を一度疑いの目を持ってみるという習慣が、いい人生を送る上で必要だと僕は感じています。

 

 

 

僕のブログの話に戻りますが、

地元が島根ということもあり、地方創生に関する記事を何個か書いてきました。

 

今日、駄目元で、自分の記事が出るかなー

とか思って、「地方創生 ブログ」で検索してみました。

 

 

 

 

すると、アッターーーー!

結論、今回の記事でお知らせしたかったのはこれなんですけど、

検索したら上から3番目に僕の記事が、、、、、、

 

f:id:sunapong:20170214222844p:plain

 

やっぱ続けてたらいいことありますね、、、(シミジミ)

キンコンの西野さんの記事より上って、、、嬉しい。

 

 

アクセス数も最初は0、そして徐々にまばらにみてもらえるようになり、

まだ数自体はカスですが、毎日アクセスが一定量あるブログにはなりました!

 

 

ここまで書いてきて何が言いたいかって、

ブログは結構いいよってことです!

 

「継続は力なり」腐る程聞いた言葉ですが、やっと実感できたように思えます。

 

もっと見られるブログになるよう頑張ります。

 

 

そんなことを思う今日この頃でした。

 

 

おまけ・・・ばあちゃんからめっちゃ乗り送られてきた、、、お世話になってます、、

f:id:sunapong:20170214223531j:plain

 

 

 

なぜ人は変われないのか?

 

何が人を変えるのか。

 

僕もずっとこれを考えていた身でした。

 

皆さんも、勉強が続かない、ダイエットが続かない、本を読む習慣がつかない、などなど、、、、

変えようと思っても変われないこと経験されていると思います。

 

「何が人を変えるのか」

人類全体の共通の問いでもあると思います。

 

 

でも最近なんとなくではありますがわかったと思います。

 

僕は、人を変える要素は大きく分けて3つあると思います。

・自分の意思

・人の言うこと

・環境

 

です。

 

 

これが、1:2:7の割合の強さで存在していると思います。

 

人間は所詮、意志の弱い生き物で、自分の意思でいつもの自分を変えることはほぼ不可能に近いです。

新年を持って行動すれば、人は変われる。強い意志を持て!

確かに変われるとは思います。

 

でも多分、10回に1回ぐらいじゃないですか、実際。

 

僕もそうです。よし明日から本を読む習慣をつけよう!

 

2週間でダメになりました。意外に頑張ったなとは思いますが。

 

 

中学、高校の頃。

「勉強しなさい!」

 

そう言われてやったことはありますか?

 

きついですよね。

 

 

自己啓発本を読んで、筆者の格言的なものに感動して、その時は「これでやっと変われる!明日から頑張ろう!」

 

一時的な効力はありますが、何日かしたらやはり薄れて元に戻る。

結局この繰り返しのとうな気がします。

 

「人の言うこと」もまた効力は薄い。

 

 

皆さんはなぜ、学校に行きますか?

会社に通いますか?

 

適した環境がそこにあるからです。

 

なぜテスト勉強をわざわざ、家じゃなくて図書館に行ってするのか、カフェに行ってするのか。

 

環境を通して集中し、自分のモードが切り替わるからです。

向上心がある人たちとつるむと自然に自分も向上して行きます。

逆にサボりぐせのある人とつるむと自分もサボりがちに。

 

 

みたいな感じで環境は本当に人を変えてくれます。

良くも悪くも。

 

 

環境を意識して生きていこうと思った今日この頃でした。

 

 

 

 

 

もう1月終わりかよ、、、って思った人は要注意!

こんにちは。

 

少し更新が遅れてしまいました、、、

 

自分の中では一応1週間に1度は更新するノルマにしてます。

 

怠け者の僕には珍しく、このブログを始めた当初から大体守ってます。

大体w

 

これだから更新が遅れるんですよね笑

何にしても継続は大事です。

 

 

さて今日のネタは『時の流れの感じ方』です。

 

今日は2017/01/31。

一月は今日でラストです。

 

いやーーーーもう一月終わりか〜〜〜

早いな〜〜と思っているそこのあなた!!!

 

これ、危険信号出てます!

 

この時の流れの感じ方ですが、よく言われるのが歳を取るごとに時の流れを早く感じる。というものです。

 

これ、実はあっているようであってないんです。

 

この論では

起こっている「時の流れを早く感じる」という事象に対して、

要因が「年齢を重ねること」ですが、正しくは「生活のルーティン化」です。

 

 

子供の頃は1年がすごく長く感じた要因は、「新鮮な経験をたくさんしているから」なんです。

 

初めてする行為、初めて訪れる場所、初めて会う人達、これらすべてが日々の生活の心理的な時の流れの感じ方を、長く感じる方へとひっぱっている訳です。

 

 

っていうことは年齢が時の流れの感じ方を左右するわけではないので、大人の人にも「時の流れを遅らせる」ことは可能!ってことです!

※超能力者的みたいに物理的に時の流れを遅らせるのは無理です笑

 

 

僕の場合、去年はおかげさまで本当に長ーーーい1年間を過ごさせてもらいました。

 

田舎の島根から東京に上京してきて、大学に入り、いろんな人に出会い、いろんなことをしました。毎日が新鮮な2016年でした。

そりゃ長く感じます。

 

 

今年一年の目標は何ですかと聞かれたら、あえて僕はこう答えます。

「一年間をながーーーく生き抜く」

 

 

 

 

 

もし最近、時間の経過を早く感じてしまう人がいましたら、

何か新しいことを始めたり、新しい人に会いに行ったり、新しい挑戦をして自分のこれまでのルーティンを壊してみてはいかがでしょうか。

 

2017年をながーーーく生きてみましょう。

 

 

そんなことを思う今日この頃でした。

 

 

 

おまけ・・・・島根のばーちゃん家のネッコ、そう、しまねっこ!!!※すみません

f:id:sunapong:20170131205524j:plain

 

 

 

 

 

AIの広がりに伴うエンタメの伸び

 

最近何かと話題なAIについて色々記事をみて思ったことを書いてみます。

 

まず、AIってなんなのか。

AIはartificial intelligenceの約で、人工知能と呼ばれるものを指します。

 

まあ、わざわざせつめいするまでも無かったと思いますが、、、

 

 

さて、AIの広がりによっていいことももちろんありますが、問題も出てきます。

 

その一つに、仕事の激減という問題があります。

これまで、人間がやってきた単純作業はちょっとしたらAIがやってます。

人間は必要なくなってしまいます。

 

ある研究によると、日本の労働人口の約49%が10〜20年の間にAIにとって変わられるという予想もでています。

 

こりゃ各メディアがこぞって取り上げる訳です。

 

今回の題にあるようにAIの広がりによって仕事が減りさらにはそれが影響してエンタメ業界が盛り上がるんじゃねぇか?っていう予想が出ているはご存知でしょうか?

 

f:id:sunapong:20170120163904p:plain

 

単純に仕事が減ると暇になります。

その暇な時間をどこに注ぐかっていったら、、、

皆さんも想像してみれば分かると思いますが、家でゴロゴロしたり漫画読んだり、テレビ見たり、逆にアウトドア派な人はキャンプとか旅行とかレジャーに勤しむかもしれません。

 

そう、趣味、娯楽に使いますよね?

 

するとエンタメ業界の需要が増し、伸びる。といった予測です。

 

でも、仕事がないと給料も入らなくて、エンタメに使うお金もないんじゃないの?

って思いますよね。僕も思いました。

 

でもこの論にプラスして、

ベーシックインカム」なるものがあります。

 

めちゃくちゃ簡単にいうと、どんな人でも毎月一定の給料が平等に支給される制度です。

 

僕は頭が悪くて正しくは説明できないかもしれないので、詳しくはこちらです。

ベーシックインカム - Wikipedia

 

このベーシックインカム、実はまだ実施されている国はありません。

 

スイスで一度国民投票がなされて、結果否決されたというような動きはありますが、、、

 

やっぱり、現実問題難しいみたいです。

国全体の仕組みを変えて行かないといけないので。

 

しかしこの政策が実施されれば、エンタメに使うお金がないという問題はある程度なくなるはずです。全員同じ額もっているわけですから。

 

エンタメ業界でもう一儲けしようとする人たちも、この一般大衆に価格設定は合わせることでしょうから、見込めないことではないかと思います。

 

 

今回はエンタメ業界をピックアップしてきましたが、そもそも、生き残るにはAIにできないことをやればいいのです。

 

エンタメなんかは、時間を持て余した人が増えた世界には最適な業界だし、さらにはAI二できないことが沢山あります。

おもてなしなんかは、いずれはAIができるようになるかもしれませんが、まだすぐそこまで来てる!っていう世界観ではないと個人的には思います。

 

てことはそれは人間がやれる領域なのです。

 

さらに人を統率し導く能力を持った人なんかは重宝されると思います。

さすがにロボットに人をまとめ上げることがすぐにできるとは思いません。

 

他にも、考え出すと人間にしかできないことは沢山あります。

 

こういった、変革は今に起こったことではありません。

 

変革に対応し続けてきたのが人間です。

 

逆に、対応しようとしないと、あっさり時代に飲み込まれてしまいます。

今の自分の立場が、たとえ安定しているように感じていても、常にアンテナを張って変化に対応していくのが重要だと思います。

それが人間だと思います。なんか何も知らない僕が言うのもおこがましいですが、、、、笑

 

 

そんなことを思う今日この頃でした。

 

おまけ・・・・夕日、キャンパスにて。どんだけ田舎やねん、、、

f:id:sunapong:20170120171353j:plain

放置プレイ経営

 

 

今回は地元の経営者の方から興味深い話をしてもらったので書いてみようと思います。

 

f:id:sunapong:20170115061944j:plain

 

 

いきなりここからメモです笑

放置プレイ経営

全て社員、バイトに任せる。
そりゃ最初は、週四とかで出勤して、全然労働力が取れていなかった。
でもだんだんと収益が上がってくるにつれて、従業員が自主的に色々なことを考え出す。最終的には全てを考え出し、プラスαのところまでやってくれる。
これが最強の放置プレイ経営だ。


吉川さんはそれをラーメン将でもやってるし、吉川工務店でもやっている。すごい。
超革新的。おもしろい。


そして、もう一つおもしろいのが、人事についてだ。ここ最近の企業では65歳以上の人を取らないのは当たり前になってきている。
それをこの吉川工務店は変えた。
じじいを積極的に採用しているのだ。
工務店という建設業を主とする会社でありながら。
なぜかというと、この先後がなく、年取った生きがいが仕事しかない経験豊富な老人と、この先何でも勝手が効く、何しようか迷っているような若者。どちらが必死で頑張るか?


前者に決まっている。
だんだんと採用年齢上限が上がってきた現代でさえも上限80歳はなかなかないだろう。それをやってのけているのも吉川工務店だ。すごい。
それによって、優秀なやる気のある高齢者は吉川工務店に集まってくる。だって他に採ってくれるところがないから。そりゃ必死でこの会社になろうとするわけである。


ここまでメモです笑


瞬間瞬間でメモったんで臨場感はありますが文面が荒いです笑


ある時吉川社長に、高齢従業員がこう言ったそうだ、「もっと管理職2人の給料を上げて欲しい!」と。
果たして自分の給料ではなく、他人の給料を上げることを強く望み、さらには社長に直に提案する社員がこの日本にどれだけいるのだろうか。
僕はこの吉川工務店の社員さん以外にはいないと思う。
それくらい鮮烈なお話の内容だった。


島根の片隅の奥出雲の地の会社が、これだけ革命的な人事をやってのけいるのだ。
何かを学ぼうと海外に目を向けた時、エストニアに学ぼうとする企業はどれだけいるだろうか。


これはエストニアをバカにしているのでも何でもなく、あまり知らない地でもその地から学び取ろうとする姿勢があるかどうか皆さんに問い質す例である。
島根県はこのエストニアにあたる。

 

さらに、この吉川工務店、来月からはサハ共和国という世界で1番寒い国でラーメン屋を出すというプロジェクトをやってのけようとしている。
誰も知らない島根という県から誰もまだ足を踏み入れたことのない未開の地でビジネスを起こそうとしている。
単純にすげえとおもった。

 

皆さんも、ただただ都会の有名な"成功事例"におどらされていないだろうか。
それが本当に成功しているかどうかも知らず。もしかしたら偽りかもしれないのに。
もっと視野を広げたほうがいいと思います。


島根みたいな偏屈の県にもこんなに先進的でイノベイティブなことをやっている企業があるのです。


このことはどんなことにでも当てはまります。


いつも頼りにしている友達のA君の言っていることが違くて、ほんとうはあまり知らないB君が言っていることが正しいかもしれない。

みんなが良い、おもしろいと言っていた映画がクソつまらないかもしれない。行かないほうがいいかもしれない。
日本で一般的になっているサービス以外に、海外ではもっと効率的で質の良いものが採用されているかもしれない。

 

ただみんながやっている、スタンダードだというものの影ですんごい革命的なことが行われていたりするかもしません。

 

もう一度世間や、周りのことは置いといて、もっと広い目で学びを求めるフラットな考え方も確実に必要ですし、そう言った意外に注目されていないところにチャンスが眠っているかもしれません。

 

そう思わされた今日この頃でした。

島根の企業説明会に参加した

 

明けましておめでとうございます!

 

年末年始は地元で割と忙しくしていました。

前回書いたそば打ち体験のアシスタントだったり、その数日後には島根県で行われた、参加者400人規模の企業説明会に説明する側で参加してきました。

 

f:id:sunapong:20170108104604j:plain

名前が、、、宝くじかよ笑

 

 

というのも親父が会場の一角でブースを構えるということだったのでそのお手伝い。

 

様々な企業さんの様子もそうですし、何より、これから就活に向かっていく多くの学生さん(先輩方)の姿を実際に見られたのが学びでしたし、刺激でした。

 

 

 

参加企業約150社、参加学生数約400名。

 

島根にこんな学生おったかや笑

 

と思ってましたが、話を聞いてみると他県から参加している人もいるとのこと。

年末に遠くからお疲れ様です。。。

 

 

f:id:sunapong:20170108101152j:plain

 

いろんな企業さんのブースを見させてもらいましたが、どれも魅力のある企業さんばかりでした。東京のような大都会の喧騒に揉まれなが窮屈な思いをして暮らすのは嫌だ、もっと自分主体でクリエイティブな仕事がしたい。そんな風に思っている方には、地方企業で働くという選択はうってつけだと思います。

地方の企業もそんな若者、人材をめちゃくちゃ求めています。本当に。

 

 

とは言ってもやはり地方からのラブコールはうまく伝わっていないようです。。。

 

 

どっかの記事で見ましたが(曖昧ですみません)、

地方移住に関して関心興味がある人は結構多いのですが、情報が少なく消極的になり、結果的に移住に踏み出せない方が多いのだそうです。

 

移住に踏み出せない原因として圧倒的に多いのが、仕事が少なそう、、、という間違ったイメージ。

 

実際に今回の島根企業説明会で多くの経営者の方に聞きましたが、

結論地方には(特に島根には)めちゃくちゃ仕事があります!

 

このことについては有名ブロガーのイケダハヤトさんの記事にもあったのでこちらも参考に。

www.ikedahayato.com

 

 

イメージって怖いです。

ありもしないことが当たり前のことのように、あたかも事実であるかのように世の中に蔓延していく。

 

その原因は、多々ありますが、

まずは情報を発信する側がもっと変わらないとって思います。

もちろん受け取る側も取りに行かないとダメです。

 

でも取りに行く先がないとしたら、その人たちはイメージするしかないですよね。

 

それがマイナスに作用してしまうこともあるのです。

 

まずは発信力をつけましょう。

 

僕も2017年は発信力をもっとつけようと思います。。。。

 

そんなことを思う年始めでした。

 

 

 

おまけ・・・・・・地元島根県松江市のシンボル、宍道湖いい感じに撮れましたよ

f:id:sunapong:20170108104409j:plain