Sunablog

東京に出た島根出身の大学生が自分の人生を邁進する中での備忘録。

AIの広がりに伴うエンタメの伸び

 

最近何かと話題なAIについて色々記事をみて思ったことを書いてみます。

 

まず、AIってなんなのか。

AIはartificial intelligenceの約で、人工知能と呼ばれるものを指します。

 

まあ、わざわざせつめいするまでも無かったと思いますが、、、

 

 

さて、AIの広がりによっていいことももちろんありますが、問題も出てきます。

 

その一つに、仕事の激減という問題があります。

これまで、人間がやってきた単純作業はちょっとしたらAIがやってます。

人間は必要なくなってしまいます。

 

ある研究によると、日本の労働人口の約49%が10〜20年の間にAIにとって変わられるという予想もでています。

 

こりゃ各メディアがこぞって取り上げる訳です。

 

今回の題にあるようにAIの広がりによって仕事が減りさらにはそれが影響してエンタメ業界が盛り上がるんじゃねぇか?っていう予想が出ているはご存知でしょうか?

 

f:id:sunapong:20170120163904p:plain

 

単純に仕事が減ると暇になります。

その暇な時間をどこに注ぐかっていったら、、、

皆さんも想像してみれば分かると思いますが、家でゴロゴロしたり漫画読んだり、テレビ見たり、逆にアウトドア派な人はキャンプとか旅行とかレジャーに勤しむかもしれません。

 

そう、趣味、娯楽に使いますよね?

 

するとエンタメ業界の需要が増し、伸びる。といった予測です。

 

でも、仕事がないと給料も入らなくて、エンタメに使うお金もないんじゃないの?

って思いますよね。僕も思いました。

 

でもこの論にプラスして、

ベーシックインカム」なるものがあります。

 

めちゃくちゃ簡単にいうと、どんな人でも毎月一定の給料が平等に支給される制度です。

 

僕は頭が悪くて正しくは説明できないかもしれないので、詳しくはこちらです。

ベーシックインカム - Wikipedia

 

このベーシックインカム、実はまだ実施されている国はありません。

 

スイスで一度国民投票がなされて、結果否決されたというような動きはありますが、、、

 

やっぱり、現実問題難しいみたいです。

国全体の仕組みを変えて行かないといけないので。

 

しかしこの政策が実施されれば、エンタメに使うお金がないという問題はある程度なくなるはずです。全員同じ額もっているわけですから。

 

エンタメ業界でもう一儲けしようとする人たちも、この一般大衆に価格設定は合わせることでしょうから、見込めないことではないかと思います。

 

 

今回はエンタメ業界をピックアップしてきましたが、そもそも、生き残るにはAIにできないことをやればいいのです。

 

エンタメなんかは、時間を持て余した人が増えた世界には最適な業界だし、さらにはAI二できないことが沢山あります。

おもてなしなんかは、いずれはAIができるようになるかもしれませんが、まだすぐそこまで来てる!っていう世界観ではないと個人的には思います。

 

てことはそれは人間がやれる領域なのです。

 

さらに人を統率し導く能力を持った人なんかは重宝されると思います。

さすがにロボットに人をまとめ上げることがすぐにできるとは思いません。

 

他にも、考え出すと人間にしかできないことは沢山あります。

 

こういった、変革は今に起こったことではありません。

 

変革に対応し続けてきたのが人間です。

 

逆に、対応しようとしないと、あっさり時代に飲み込まれてしまいます。

今の自分の立場が、たとえ安定しているように感じていても、常にアンテナを張って変化に対応していくのが重要だと思います。

それが人間だと思います。なんか何も知らない僕が言うのもおこがましいですが、、、、笑

 

 

そんなことを思う今日この頃でした。

 

おまけ・・・・夕日、キャンパスにて。どんだけ田舎やねん、、、

f:id:sunapong:20170120171353j:plain

放置プレイ経営

 

 

今回は地元の経営者の方から興味深い話をしてもらったので書いてみようと思います。

 

f:id:sunapong:20170115061944j:plain

 

 

いきなりここからメモです笑

放置プレイ経営

全て社員、バイトに任せる。
そりゃ最初は、週四とかで出勤して、全然労働力が取れていなかった。
でもだんだんと収益が上がってくるにつれて、従業員が自主的に色々なことを考え出す。最終的には全てを考え出し、プラスαのところまでやってくれる。
これが最強の放置プレイ経営だ。


吉川さんはそれをラーメン将でもやってるし、吉川工務店でもやっている。すごい。
超革新的。おもしろい。


そして、もう一つおもしろいのが、人事についてだ。ここ最近の企業では65歳以上の人を取らないのは当たり前になってきている。
それをこの吉川工務店は変えた。
じじいを積極的に採用しているのだ。
工務店という建設業を主とする会社でありながら。
なぜかというと、この先後がなく、年取った生きがいが仕事しかない経験豊富な老人と、この先何でも勝手が効く、何しようか迷っているような若者。どちらが必死で頑張るか?


前者に決まっている。
だんだんと採用年齢上限が上がってきた現代でさえも上限80歳はなかなかないだろう。それをやってのけているのも吉川工務店だ。すごい。
それによって、優秀なやる気のある高齢者は吉川工務店に集まってくる。だって他に採ってくれるところがないから。そりゃ必死でこの会社になろうとするわけである。


ここまでメモです笑


瞬間瞬間でメモったんで臨場感はありますが文面が荒いです笑


ある時吉川社長に、高齢従業員がこう言ったそうだ、「もっと管理職2人の給料を上げて欲しい!」と。
果たして自分の給料ではなく、他人の給料を上げることを強く望み、さらには社長に直に提案する社員がこの日本にどれだけいるのだろうか。
僕はこの吉川工務店の社員さん以外にはいないと思う。
それくらい鮮烈なお話の内容だった。


島根の片隅の奥出雲の地の会社が、これだけ革命的な人事をやってのけいるのだ。
何かを学ぼうと海外に目を向けた時、エストニアに学ぼうとする企業はどれだけいるだろうか。


これはエストニアをバカにしているのでも何でもなく、あまり知らない地でもその地から学び取ろうとする姿勢があるかどうか皆さんに問い質す例である。
島根県はこのエストニアにあたる。

 

さらに、この吉川工務店、来月からはサハ共和国という世界で1番寒い国でラーメン屋を出すというプロジェクトをやってのけようとしている。
誰も知らない島根という県から誰もまだ足を踏み入れたことのない未開の地でビジネスを起こそうとしている。
単純にすげえとおもった。

 

皆さんも、ただただ都会の有名な"成功事例"におどらされていないだろうか。
それが本当に成功しているかどうかも知らず。もしかしたら偽りかもしれないのに。
もっと視野を広げたほうがいいと思います。


島根みたいな偏屈の県にもこんなに先進的でイノベイティブなことをやっている企業があるのです。


このことはどんなことにでも当てはまります。


いつも頼りにしている友達のA君の言っていることが違くて、ほんとうはあまり知らないB君が言っていることが正しいかもしれない。

みんなが良い、おもしろいと言っていた映画がクソつまらないかもしれない。行かないほうがいいかもしれない。
日本で一般的になっているサービス以外に、海外ではもっと効率的で質の良いものが採用されているかもしれない。

 

ただみんながやっている、スタンダードだというものの影ですんごい革命的なことが行われていたりするかもしません。

 

もう一度世間や、周りのことは置いといて、もっと広い目で学びを求めるフラットな考え方も確実に必要ですし、そう言った意外に注目されていないところにチャンスが眠っているかもしれません。

 

そう思わされた今日この頃でした。

島根の企業説明会に参加した

 

明けましておめでとうございます!

 

年末年始は地元で割と忙しくしていました。

前回書いたそば打ち体験のアシスタントだったり、その数日後には島根県で行われた、参加者400人規模の企業説明会に説明する側で参加してきました。

 

f:id:sunapong:20170108104604j:plain

名前が、、、宝くじかよ笑

 

 

というのも親父が会場の一角でブースを構えるということだったのでそのお手伝い。

 

様々な企業さんの様子もそうですし、何より、これから就活に向かっていく多くの学生さん(先輩方)の姿を実際に見られたのが学びでしたし、刺激でした。

 

 

 

参加企業約150社、参加学生数約400名。

 

島根にこんな学生おったかや笑

 

と思ってましたが、話を聞いてみると他県から参加している人もいるとのこと。

年末に遠くからお疲れ様です。。。

 

 

f:id:sunapong:20170108101152j:plain

 

いろんな企業さんのブースを見させてもらいましたが、どれも魅力のある企業さんばかりでした。東京のような大都会の喧騒に揉まれなが窮屈な思いをして暮らすのは嫌だ、もっと自分主体でクリエイティブな仕事がしたい。そんな風に思っている方には、地方企業で働くという選択はうってつけだと思います。

地方の企業もそんな若者、人材をめちゃくちゃ求めています。本当に。

 

 

とは言ってもやはり地方からのラブコールはうまく伝わっていないようです。。。

 

 

どっかの記事で見ましたが(曖昧ですみません)、

地方移住に関して関心興味がある人は結構多いのですが、情報が少なく消極的になり、結果的に移住に踏み出せない方が多いのだそうです。

 

移住に踏み出せない原因として圧倒的に多いのが、仕事が少なそう、、、という間違ったイメージ。

 

実際に今回の島根企業説明会で多くの経営者の方に聞きましたが、

結論地方には(特に島根には)めちゃくちゃ仕事があります!

 

このことについては有名ブロガーのイケダハヤトさんの記事にもあったのでこちらも参考に。

www.ikedahayato.com

 

 

イメージって怖いです。

ありもしないことが当たり前のことのように、あたかも事実であるかのように世の中に蔓延していく。

 

その原因は、多々ありますが、

まずは情報を発信する側がもっと変わらないとって思います。

もちろん受け取る側も取りに行かないとダメです。

 

でも取りに行く先がないとしたら、その人たちはイメージするしかないですよね。

 

それがマイナスに作用してしまうこともあるのです。

 

まずは発信力をつけましょう。

 

僕も2017年は発信力をもっとつけようと思います。。。。

 

そんなことを思う年始めでした。

 

 

 

おまけ・・・・・・地元島根県松江市のシンボル、宍道湖いい感じに撮れましたよ

f:id:sunapong:20170108104409j:plain

地域の人と触れ合って感じたこと1

 

この年末の前半戦、いろんなことをやったのでそれを今回は2つもしくは3つ(もっと増えるかもしれません笑)に分けて綴ってみます。

 

皆さんもこの年末、自分の地元に帰ったり、実家に戻ったり、いつも生活しているところところは少し違った環境で過ごしている方もいると思います。

 

かくいう僕も、東京の学生なので久々にど田舎島根に帰ってきました。

夜行バスで約11時間、、、、きっつ

 

そんなきつさも苦にならないほど僕にとっての地元はいいものです。

そしていつも、新しいことを僕に気付かせてくれます。

 

 

今回は、前のブログにも書いたそば仙人こと、僕のじいちゃんと島根県のとある高齢者施設にそば打ちを実演しに行ってきました。

 

sunapong.hatenablog.com

 

 

なんか僕のブログ内でやたらとそばの記事が多い気もしますが、、、笑

 

 

 

f:id:sunapong:20161229160923j:plain

 

f:id:sunapong:20161229160616j:plain

 

 

実演した後は写真のように高齢者の方に実際にそば打ちを体験してもらいました。

 

初めてやった方も多くおられてすごく楽しそうにやっておられて本当によかったです。

 

このそば打ち実演は本当に需要があってじいちゃんは引っ張りだこのようです笑

 

僕的には、そば打ちの技術はプログラミングくらい需要があるんじゃないかとも思ったりします笑

 

 

 

 

 

このそば打ち実演をした後、施設の責任者の方々にご挨拶も含めてお話を聞くことができました。

 

 

話を聞くとやはり、働き手の不足に困っているとのこと。

いろんなメディアの影響だったり、一部の管理がずさんな施設の報道のせいで、今、世間では

介護の仕事=きつい

だとか

福祉系の仕事は楽しくなさそう

と言った、何の根拠もないイメージが蔓延しているように思います。

 

でも僕は実際にそこで働いている方々、職場を見てそんなイメージは本当にただのイメージに過ぎないということを声を大にして言いたい。

 

そして何より、この日本では、特に地方では必要とされています。

これからの日本の高齢化の進み方を考えれば、絶対的に足りないのは目に見えています。

 

このよくわからないイメージはどこでもそうですが実際に自分で知ろうとしない限り、正誤ははっきりしません。

 

 

 

あとこの話でも問題になっている、地方に蔓延する人手不足、若者不足という問題。

 

ここについてはまた次回思ったことを書いていきたいと思うので宜しくお願いします。

 

そんなことを考えた今日この頃でした。

 

 

 

おまけ・・・・虹(島根は雨も多いですがその分虹もよく見ます)

f:id:sunapong:20161229163206j:plain

 

 

 

 

 

 

アイデンティティー・クライシスと戦う

 

こんにちは。

 

早速ですが、僕は今、毎日が本当に苦しいです。

自分が今何をしているのか。

何をすべきなのか。

何がしたいのか。

わかった!と思ったら消え。また、わかった!と思ったら消え。

 

自分の人生を通して何ができるのか、わからなくなっています。

 

僕は父親が経営者で幼い頃から家庭での会社の話、経営の話は常に耳に入ってきました。親戚からも

将来は会社を継ぐんでしょ?みたいなことを言われ続けてきました。

友達からも、

「お前っていいよな。もう就職先決まってるじゃん。」

とか

「社長になったらお前に会社に入れてな!笑」みたいな事を言われ続けてきました。

 

 

 

別にこの事が嫌だったわけではありません。

むしろそれが、自分のアイデンティティーだったのでそれを盾にして生きてきたと言っても過言ではありません。

運動ができなくて劣等感を抱いた時も、将来社長になって見返してやる!とか

テストでいい点取れなくても、会社経営には関係ない!とか勝手に思って逃げたり。

 

ずっとこのように思って生きてきたので、当然、今も会社を経営したいという思いがあります。

俺は他の誰よりも自分の将来のことを考えているし、やることやってる。

そう自分を信じてきました。

 

でも大学に入り、東京に出るとすげー奴がいっぱいいます。

自分よりもはるかにいろんなことを考え、行動している人たちが。

 

すると、これまで自分が信じてきたアイデンティティが崩壊してしまいました。

 

だって、自分が考えてきたこと、唯一無二だと思ってきたことがそこらじゅうにゴロゴロあるから。

 

「やばい、俺特別じゃないんだ。何か持ってないとやばい。自分の誇れるものは何だ?何もない。。。。」

 

そう感じた僕は、いろいろなことに手を出しました。正確には今も出し続けています。一度しっかり経営を学んでみよう。本をたくさん読もう。英語話せるようになろう。海外に出てみよう。プログラミングしてみよう。地域活性を志そう。」

 

本当にいろんなことをしています。

でも今のところ、どれもしっくりきていません。正直言って、どれも中途半端です。

 

 

 

皆さんもこういう事はあった、もしくはこれから経験するかもしれません。

 

自分にはこれだってものがないと、真面目な人ほど不安になります。

このままじゃダメだって焦ります。

 

自分は何者なのか。それを探すためにいろいろなことをするはずです。

そして、大概どれも中途半端で終わります。

でも僕はそれでいいと思い始めました。

 

中途半端は何もやっていないよりはずっとマシだ。

 

これは僕が感銘を受けた、植松努さんのTEDtalkの中で言われていた言葉です。

 

 

youtu.be

 

 

 

 

 

今、正直すごい苦しいです。

人からは、考えすぎだと言われます。

 

でも僕はそれはそれでいいと思います。

そもそも、アイデンティティー・クライシスは真剣に将来を考えているからこそ起こることだし、本質的な夢を見つけるためには必要なプロセスだと思います。

 

早いとここのスパイラルから抜け出して、やることやります!

 

 

もうちょい頑張ってみます。

 

そんなことを思う今日この頃。

 

銀座でやってたビジコン行ってきた

 

今回は、僕自身初めてちゃんとしたビジネスコンテスト行ってきました。

「TRIGGER2016」というビジコンです。

 

f:id:sunapong:20161211224312j:image

 

これまで行く機会は何度かあったのですが、なんか自分の中にビジコンってなんやねん、コンテストしてどうなんねんっていう思いがあり、他の用事を優先していました。

 

 

今回のビジコンは規模がでっかいし、審査員の方々もすごい充実してて、何より知り合いの方に5000円の参加費がタダになる券をもらったんで、自分のこれまで思っていたビジコンのイメージと照らし合わせる意味でもいってみようかなーっていう軽いノリで行って見ました笑

 

 

いつものように結果から言います

 

結果

へー

 

って感じでした

 

今回のビジコンは全国からの100の応募の中から選ばれた5組の発表ということで、結構期待してたんですが、、、

 

すごいよかったのは1.2組

その他はまじかよ、、、俺の方ができるぞ、、、って感じでしたね、、

 

あの大人数の前で、何よりあの豪華な審査員の前で発表するのはすごいとは思うんですが、、

 

期待よりは低かったです。

 

 

と、こんな偉そうなこと言いましたが

 

審査員の発表者へのツッコミ、指摘はすごい勉強にはなりました。

 

 

でも、こんなコンテストに出るんだったら、せっかくいいアイデア持ってるんならやってみればいいのにって思っちゃいます。

 

 

各言う僕もそうなんですが、、、、

 

 

とりあえずやって見ます!

やって見ましょう!誰か一緒にやりましょう!

 

 

いつもの以上に説得力のない、、

今日この頃でした。

 

 

おまけ、、、銀座の夜が綺麗でした

f:id:sunapong:20161211224409j:image 

 

 

 

電子マネーだけで1週間生活してみた。

 

最近は電子マネーみんな当たり前のように使ってますが、ちょっと前までは考えられなかったことです。

f:id:sunapong:20161205104449j:image

 

カードをちょいっとタッチすれば支払いが2秒で終わる。これ、結構革命的なことだと思いません?

 

僕は今、セブンイレブンバイトしているんですが、だいたい半々の割合で電子マネー勢と現金勢が存在しています。

 

店員側としても電子マネーは本当に楽です。

いちいち硬貨をレジから取り出して渡して、それを触ることによって手が汚くなるから、手洗ったり消毒したり、、、、

 

 

 

だから、僕も人のことを考えて、店員さんのことを考えて、自分の生活の支払いを完全電子マネー化してみました!

 

f:id:sunapong:20161205101831j:image                    f:id:sunapong:20161205101841p:image

 

 

 

私事ですが、ついこないだ、地元の島根のJR松江駅に自動改札が導入されました、、、

ついに、、、!

スタバ、セブンに次いでやっとこさですね笑

 

 

島根にも電子マネーの波が来ている昨今、どんだけ社会に電子マネーが浸透しているのか、試してみました。

 

 

 

結果

結果から言いますと、結構イケるやん!

 

って感じです。まあ、予想どうりですかね、、笑

 

 

でもたまに、ラーメン屋さんの券売機に機能が無かったり、スーパーで使えなかったり、、、、

割と使えねーやんってとこはありました。

 

 

 

 

これからビットコインの普及が囁かれている中、現金で支払う、でっかい長財布を持ち歩くのは滑稽なことになっていくかもしれません。

 

 

ってか、今思ったんですけど、レシートって電子マネー使ってもクレジットカード使っても発行されて渡されますね、、、、、

 

多分これから、いや、絶対レシートを電子化されますね。

支払いをする度にスマホに情報が送信されて見れるみたいな。

そっから、これまでは、手書きだったり、手打ちだだりした家計簿付けも、自動化されますね。

 

ここにもビジネスチャンスあるなーと思ったり。

 

 

最後に

言わないでもいいと思いますが、電子マネービットコインの波に乗り遅れないようにしましょう!

時代はすんごいスピードで日々進んでいます。

僕も乗り遅れないように頑張ります!?

 

 

そんなこんなの今日この頃でした。