Sunablog

東京に出た島根の学生の日記兼備忘録

東京生活1年半を振り返る。学生で何か活動している人参考にしてほしいです。

 

こんにちは。

 

怒涛の1ヶ月連続更新の後、オバーヒートして見事に2週間くらい休眠していました。

 

本格的に寒くなって、本格的に冬眠してしまう前にブログ更新して、体と脳を温めようと思います。

 

 

 

さて、今回のテーマは、「東京生活1年半を振り返る」

 

なんかまた最初に戻った感じのテーマです。

こういうのなんていうんですっけ?

 

温故知新?

いや、原点回帰ですね。ほんと今思い出しました笑

原点回帰です。

 

 

 

ちょっとこの季節の変わり目に、自分のことを文章にして振り返りたくなったので、ここに書かせてください。

 

過去は振り返らない主義ですが、今回だけは自分の節目にさしかかりつつあるなと感じているので、書きます。

 

大学入りたてから今現在まで振り返ります。

 

 

 

最初、大学生活を極限までに楽しみにしながら入学した1年半前。

 

大学へのディスりはこのブログで書きまくっているので、今回はもういいです

飛ばします

 

 

 

 

大学1年生前半

入ってから、大学へは物足りなさを感じて、とにかく外へ出ました

 

人に会いたい!とにかく、東京にはどんな人がいるのか、それを知りたかったです。

 

島根から東京へ行くことを選んだのもそのため

 

いろんな人にあっていろんなことを吸収しました。

 

すごい刺激的な日々。

 

 

でも、いろんなことを吸収しすぎて、自分の軸を見失っていました。

自分は何がしたいんだろう。

 

あの人がやっていることも面白そうだし、この人がやっていることも面白そう。

 

さらに、この頃、自己啓発本にハマってよく読んでいたので、それも相まって僕の頭の中はぐちゃぐちゃに。

 

これから、自分のやりたいことを探したいとか、「これから発見していこう」としている人に注意して欲しいのは、あんまり軸が整っていないうちから無闇矢鱈に自己啓発本には手を出さない方がいいということ

 

ほんと大変です。

 

 

モチベーションをあげるにはいいかもしれませんが、そのモチベの賞味期限はその日だけのものです。

 

次の日には綺麗さっぱり無くなっているので、ほぼ意味ないです。

 

今の僕が、あえて自己啓発本を読むべきタイミングを示すとすると、

「自分の軸が決まって、自分のやるべきことが明確になった時」と答えます。

 

自分のやるべきことがわかっていない時に影響力の強い自己啓発本を見てしまうと

この作者かっこいい!俺もなりたい!ってうすーく思って

さらに別の本を読んでかっこいい!なりたい!って思う

 

このループを繰り返すと何が怒るかというと、

軸が自己啓発にブレッブレにさせられます。

 

図で表すとこんな感じ

f:id:sunapong:20171017195210p:plain

 

これは厄介ですよ

 

かなりこの自己啓発症候群から抜け出すのには時間がかかりました。

 

そんなこんなで、1年生のうちは全くもって自分の軸がわからないまま走ってました

その時の記事↓

sunapong.hatenablog.com

 

 

 

今はこのブログなどで、地方での生き方や、キャリア、やりたいことの見つけ方など紹介をしたり、相談に乗ったりしていますが、

 

最初は「海外に出て、でっけえビジネスしてやるぜ!」って感じでしたから笑

 

今とはだいぶ思考も、やりたいと思っていたことも違います。

 

実際、海外で仕事をしたいという考えは消えていませんが、

段階的に最初に始めることではないなと思っています

 

というか、もっとやりたいこと、やるべきことが自分の身近にあるなってことに気づけました。

 

やりたいことに順番を設定できるようになったこと。この点はかなり変わったなともいます。 

 

 

 

 

1年生後半 

前半の軸ブレブレ期からは少し立ち直って、

一応は「地元島根で何かできることはないか?」

 

という、「やりたいこと」は決まりました。

 

でもこれはなんというか「やりたい」っていうより「使命感」に近いことだったのかもしれません。

 

自分がやらないと誰がやるっていう感じで、

今後どんどん衰退して行く島根に愛をもって本気出して成果に奔走できるのは自分だけだと思いました。

 

そのおかげでいろんなことに挑戦できた。

 

日本の地方って今どんな状況なんだと

スタディーツアーという形で熱海に行って見たり

東京にいながらいろんな地方系のイベントに出て、いろんな人にあって、

情報を集めました。

 

 

この頃には自分がなにをしたいかっていうある程度の軸みたいなのはできていた

なので、そこまでぶれることはありませんでした

 

いろんな地域で自分らしい生き方・働き方を実践している人達がたくさんいて、

こういう人生もあるんだと、人のアグレッシブな人生の例をたくさん知ることができました。

 

 

これ知るだけでもすごいプラスになりました。

いろんな生き方を知ることで自分の中の固定観念がなくなって、

「究極、人ってどんな状況になってもそれがやりたいことなら、なんとか楽しくやっていけるんだな」ってことがわかってすんごい視野が広がりました。

 

 

軸がぶれていた時期なのか、それともある程度定まってから聞くのとでは

全くもって人のストーリーの吸収のされ方が違いました。

 

 

ブレ期は、自分の生き方を語る人の姿になんでもかんでも憧れを抱くって感じでしたが、

定まったあとは、その生き様が、自分の人生の「参考」「知見」として取り込まれて行っている感じでした。

 

 

最近、僕の周りのある方が「憧れるな」という話をしていました。

 

「憧れる」ことはいいことだが、その延長線上は自分ではなくて他人でしかない

モチベーションにはなるかもしれないですが、やはり憧れは憧れで終わってしまうと言います

 

深追いは禁物

まずは自分を持たないと

 

 

 

2年生前半

 東京に来て1年経過。

 

もう1年経ったかと思いながら、なんだか焦りが出ていました。

まだ何も成し遂げてないじゃん、、

 

1年で何か成し遂げるって言うほうが図々しいかもしれませんが、

まず「挑戦」をしていなかった。

自分で何か発信したことも、このブログくらいでしかなかったので、本当に大きなことを自分でやるって決めて、最後までやり遂げるなんて経験がなかった

 

 

それ故、もともと自己肯定感が薄い僕は、さらに自分はだめだなーって強く思っていました。

 

 

真面目な人なら真面目な人ほど、こんな風に悩んでる人は多いんじゃないでしょうか

 

 

そんな時は考えてるだけじゃなくて

リアルで何か自分のやりたいことを形にしてみること

 

形にするものは出来るだけリスクのあることをやるほうがいいと思います

 

それだけ大きなことじゃないと結局やっても、あんまり意味ないです。

 

失敗してもそんなにリスクのないことだと、それだけテキトーにやってしまう

 

リスクがデカイと必死こいてやります。

 

だから僕は必死こいて

たった1ヶ月の準備期間で、60人規模の企画を島根で実施しました。

詳しくは前の記事で↓

sunapong.hatenablog.com

 

 

 

 

関わる人が多いほど、リスクはでかい

 

投げ出してしまったら、そこで信用を失う。

 

 何回もこのブログで出て来てる

「計画的偶発性」

自分を追い込む。これにつきます。

 

sunapong.hatenablog.com

 

 

 

 

 

個の企画では色んな人に支えられて、なんとか集客目標も達成し、満足度も高く、

一つ自分の思いを形にできました。

 

やっと自分を表現できた。それだけで嬉しかったし、参加者の人にお礼を言われるたびにやってよかったと心から思いました。

 

めちゃくちゃしんどかったけど、その分価値がものすごいあった。

 

「価値と価値の交換」はこの世の中の真理だって言うけど、本当にそうだなって思いました。

 

 

同じく夏休みに、もっと「地方」 というフィールドで、自分のやりたいことをして生きている人に会うために、

夏休みには色んなところを回りました。

鳥取大山、島根西部全域、飛騨高山、

 

僕の人生テーマである

「惰性で生きる人を無くす」という点で

惰性なく生きている人のサンプリング

 

 

輝いてる人ばかりで、本当に良い経験でした。

f:id:sunapong:20170929185312j:plain

 

 

 

 

 

2年生後半

さあ、2年生後半。

今現在の自分です。

 

ここまで、何もわからない大学1年生の頃から、右葉曲折あり、やっとこさ自分の軸を中心に日々学んで行けていますが、

 

ここからです。

 

ここから先に進んで、「結果」を出さないといけません。

その為に日々学んでいるんですから

 

先ほどちらっと出ましたが、

僕が今思う自分の人生での使命は

 

「惰性で生きる人を無くす」

そして

「自分の人生を生きる人を増やす」

ことだと思っています。

 

それを達成するため、

そして、持続可能な活動にしていくためこの2年生の後半期で、なんとか形にしてみせます。

具体的に書くと

上記の自分の信念に則って、月10万を安定的に稼ぐ能力を、ビジネスモデルを構築し、運用・経営すること。

まずは10万です。

 

 

ここで宣言するのは、やっぱり自分を追い込むため。

 

そうでもしないと怠け者なので、やりません。

 

 

今回は自分への計画的偶発生を起こすために書きました。

 

 

そんな今日この頃。

 

コミュニティの強さを改めて感じた 2

 

こんばんは

 

季節の変わり目で完全に風になってしまった今日この頃です。

季節の変わり目なので気をつけましょう。

 

さて、今回のテーマもまた「コミュニティ」に関して。

 

コミュニティについて考えてくると、自然とそのトピックに対してアンテナがはれてきます。

 

コミュニティの強さ遠言うものを知って、それから過ごしている日々のなかで、

「あ、これもコミュニティの強さが働いてるな」っていう瞬間がたくさんありました。

 

 

今回はそれについて書こうと思います。

 

 

 

一つ目はラジオ。

 

このブログでも触れましたが、僕は無類のラジオ好きで、

それゆえ、自分と友達でラジオ番組を作っちゃおうかなと画策中です。

 

前のラジオについての記事はこちら↓

 

sunapong.hatenablog.com

 

 

ラジオのどこにコミュニティというものが存在しているのかというと、

番組のリスナーとパーソナリティ間に存在しています。

 

ラジオの構造を詳しく知らない方はあまりわからないかもしれないですが、

ラジオは決して、番組を提供するパーソナリティのみでは成り立ちません。

 

ハガキ職人」と呼ばれる、パーソナリティが出したお題に対して、メールやハガキ、ファックス(今ではほぼメール)でお題に対して投稿する

 

その関係が出来上がってやっと、番組として成立します。

 

つまりは、番組の制作側だけでなく、リスナーも一緒に作り上げているんだという感覚が常にあるわけです。

 

これが、コミュニティの形成に繋がってるんじゃないかなと思います。

 

 TVではあまりない、この共通感覚があるからこそ、 TVがオワコンと言われている中で、ラジオはラジオとして独立してやっていけているのではないでしょうか。

 

TV番組でもそれをわかってきたのか、Twitterの投稿と連動して、番組の画面の下あたりに視聴者の生の声的な感じでやってますよね

 

あれもやっぱり「参加型」というものの強さに気づいたからやったものだと思います。

f:id:sunapong:20171003022159j:plain

 

 

 

 

 

 

あともう一つ、

最近感じたコミュニティの強さ

 

みんな使ってるYoutubeの中のコメント欄でのこと

f:id:sunapong:20171003022733p:plain

 

あそこも、いつもの感じで集まっている視聴者が、Youtuberについてコメントしたり、

お互いのコメントに返信しあったりしていて、このYoutuberを応援したい!的な

お応援隊ができているところもあったりします。すごいですよね。

 

人気なYoutuberになってくると、実際にそのコメント欄上だけでなく、

実際に、リアルな現実世界で交流しよということで「オフ会」なるものを開催したりします。

 

そんな行動まで人間にさせてしまう「コミュニティ」の強さ恐るべし。

 

 

 

 

そんなことを感じた今日この頃でした。 

コミュニティというものの強さを改めて感じた

 

こんにちは!

 

だいぶ風邪気味でダウン寸前の今日この頃です、、

割と本気できつい。明日1限か、、頑張ります。

 

 

さて、今日は

「コミュニティの強さ」というものを強く実感した1日となりました。

 

今日は高田馬場で、前々から準備していた、地方の人たちの集まれ!っていう感じのイベントをしました。

 

約20人の参加者の人が来てくれて、すごい盛り上がりました。

こんな盛り上がる!?ってびっくりするぐらい

 

 

コンテンツとしてはかなり普通のことをしました

完全に交流が主目的のイベントで、何も難しいことはしませんでした

都道府県クイズして、ジモトークして、交流して、、

 

ただ今回はしっかりと「敷居が高くはない、めちゃくちゃ楽しい会を作る」というのは目標でした。

 

すごく楽しんでもらえて良かったです

 

 

さて、ここからが大事

 

すごいいい感じで終わって、一息つくときに

じゃあなんで今回のイベントが成功したのか

考えます。

 

なぜか

 

そこに「地方出身である」というコミュニティが完全に出来上がっていたから

 

今回のサブタイトルが

〜東京の真ん中でLocalトーク!〜

というもので、最初からこれをねらってのことです

 

相手が全く知らない人でも、

地方という、ある意味同じような環境で育ち、この雑然とした東京という地に向かった

 

そういう共通項があれば十分なんです。

 

それだけでいくらでも話がつながる、共感が生まれる

 

最近の記事でも触れましたが、そういう風に同じ共通項を持ったもの同士が、同じクローズドな空間にいれば、自然とエネルギーが生まれる

 

これはすごいことだと思います。

 

しかも、出身地が共通しているというのは

何にも負けない強さがあると勝手に思っています

 

趣味でつながるよりも何よりも

生まれた瞬間からその環境に触れ

その環境と一緒に育って

その環境を想う

 

一番時間をかけて出来上がった共通意識です。

 

 

このエネルギーをどう活かすか

それがこれからの地方にとって、日本にとって必要

そう改めて思える

 

今日この頃でした。

 

 

1年越しの

 

こんにちは

 

今日は間違えて昨日開催だと思っていた

地域仕掛け人市に行ってきました。

 

と行っても、色々ありまして1時間弱くらいしかその場にいれなかったですが、、

 

f:id:sunapong:20171001000526j:image

 

 

この

「地域仕掛け人市」には去年も参加させてもらったのですが、

個人的にとても満足度が高く、一年ぶりに再訪しました。

リピーターです。

 

 

このイベントには47都道府県、ありとあらゆることに取り組んでいる団体がブースを構えていて、それを自由に見て回ることができます。

 

やはり全国の取り組みを見ることができるのはすごい魅力的です。

「島根」とか特定の地域だけでなくて、全体をより広域に見渡せる。

視野を広げてくれるそんな場所です。

 

 

去年の様子はこのブログにちょうど1年前に上げているので、よろしければご一読ください。↓

 

sunapong.hatenablog.com

 

 

 

 

 

 

まあ、今回このイベントに行ったのもしっかりとした理由がありまして、

 

「どうやったら地方で稼げるのか」

 

この一つの問いを持って、いろんな人にこのことを聞いて回りました。

 

 

地方の活動では

結構、県からお金をもらったり、国から補助金をもらったりしてやっているところが多いと思います。

全然このこと自体は良いことだと思いますし、まず、そのための補助金なので、全くもって問題はないと思います。

 

しかし、

補助金の力だけとか、県の委託事業だけとかになってくると、

その時だけのものになってしまうんじゃないかと思ってしまいます。

 

 

補助金に頼ってばかりだと、いつまでたっても中央集権的な日本の経済構造は変わらないし、持続可能な地域経済の構築は難しくなる一方なのかなと思っています。

 

 

仕事をしたことがない大学生が何言ってんだって感じですが

そんなことを思う中、そうはいっても、やはり補助金でやって行かないといけない実情もあって、なかなか難しいと

 

 

でも、今回のイベントでいろんなブース、いろんな県の事業社さんのおはなしを聞いていると、どうやら不可能ではない。

 

ていうか、むしろ、自分たちの財源だけで回して、地方の補助金などにも、今は頼らずやっていけている会社もありました。

僕にとってすごいプラスでしたし、勇気をもらいました。

 

今までそんな実例を見たことがなかったので、単純に感動。

 

 

 

 

 

でも、やはりその状況を作り出すのは大変で、

お金の出所が地方の中小企業だと、その中小企業からどれだけ信頼を得られているのか、

どれだけ実績があって、どれだけのポテンシャルがあるのか、

しっかり示せないといけないわけです。

 

 

地方の人材系だと、

結構t違法自治体が全面協力、金額全面補助している中で、どうその既存のサービスを超えるのか。

 

 

すごく難しいし、時間もかかりそうだなと、

 

プラスの情報だけでなく、そう言った現実も見れた今日この頃でした

単純に自然を感じたい

こんばんは。

 

恵比寿のMcにて記事を執筆しております。

 

というのも、今日恵比寿で全国各地の地方自治体や、移住定住関係の団体が一堂に会すうUIターンフェス的なことをやっていたのですが、なんとそれが明日開催だったというスパークールな勘違いをかます所から今日一日がスタートしました。

 

で色々、作業をして、なんやかんやして今を迎えるわけです。

 

 

 

で、

今回のテーマが「自然を感じたい」という

なんおことやら分からないものなのですが、

 

今日、前述の通りUIターンフェスにいくにあたって、超真面目な僕は、なんでみんなUIターンをしたがるのか、

そして、僕も地元島根などなど田舎が好きなのですが、それはなんでなんだろうなと思って、色々電車の中で考えていたなんの利益もないことを書いて行きます。

 

 

まず、なんでUIターンをしたがるんだという所ですが、

いろんなデータを見る中で、結構共通していることがありました

 

一番は「地元に貢献したい」ということ

 

これはUターン者限定ですが、そういう思いが強いんだなということを改めて感じました。自分が生まれ育った場所の為に何かしたい。そんな思いを抱く若者は多い。

 

二番目は家族と生活したいと言った類の理由

 

親の介護など現実的なものから

自分の子供を都会とかで育てるより、自然がたくさんある田舎で育てたい

そう言った思いで移住する人も多いみたいです。

 

 

UIターンって結構勇気が入ります。

自分が今、作っている生活環境や職を一度リセットして別の場所に生活の拠点を移すわけですからすごい勇気が入ります。

 

でも、その不安な部分と天秤にかけても、移住をする選択をとっている人もたくさんいます。

それが上記の理由たち。

 

特に「地元に貢献したい」というのはかなり強い思いがないとそれを志として立てて、帰ることはできません。単純にしている人はすごいと思います。

 

 

そんな中、僕個人として、なぜ地元島根などの田舎が好きなのか、考えたところ

 

「単純に自然を感じたい」というところに行きつくような気がします。

 

この前、知り合いの方の元を訪ねて、鳥取の大山町という所に行ってきたのですが、

もうすごい感動。

 

こんな所で過ごせたら、楽しいだろうなって思える

美しい自然ばかりでした。

 

 

田舎のいいところは?っていう質問の答えに

「自然がいっぱいなところ」とか聞くと

すごいありきたりで、逆になんかバカにしているような、そんな感覚になってしまいがちですが、やっぱり自然っていいねって思えた訪問でした。

 

f:id:sunapong:20170929185312j:plain

↑その時の写真です

この向こう側は崖です笑

 

 

 

 

 

で、なんなん??っていう今回は記事内容でしたが、

そんな感じに思ったってだけです。

 

前述したように誰得な記事でしたが、自然っていいですよ。

 

みなさん、今すぐとは言いません。いつかは島根に!

 

 

そんな今日この頃

時間を取るか、ラーメンを取るか

 

こんばんは。

 

今日は何気ない会話から考えさせられたことについて、短めにお届けします。

 

 

昨日、友達と話していて、自炊をするかしないかみたいな話になりました。

 

僕は意外と自炊をする方で、特別誰かに誘われてメシに行くとか、飲み会がある日とか以外はだいたい自炊してます。

 

これを言うと、結構びっくりされて

だいたいの友達とか、一人暮らしをしている知人は作るのがめんどくさいとか、片付けがめんどくさいとか

そう言う理由で1人ででも外食をするみたいです

 

 

で、その話を聞いていた人の1人に、時間がもったいないって言っている人がいました

 

自炊したり片付けしたりしてる時をもっと他のことに有効活用できたら

 

時給に換算してみると、

料理時間+片付け時間=1時間

 

1時間=960円

 

 

僕はなんで自炊をするのか?と聞かれた時に

もっぱら安いからって言ってましたが

 

よく考えたら+960円されることによって

単純に考えたら高くついてしまいます。

 

これは、移動時間とかにも応用できる話

 

飛行機で島根に行ったら

1時間でいける

その代わり料金は1万8000円

 

夜行バスでは

12時間で

7000円

 

時間の換算を足すと

 

飛行機

1時間=960円

960円+18000円=18960円

 

 

夜行バス

12時間=12×960円=11520円

11520円+7000円=18520円

 

まさかのほとんど変わりません

 

 

もちろん、時給換算してますから、そのぶん働く労力も加算しないといけない

 

でもシンプルに考えてみると

いつも安いとおもって選んでいた選択が意外にそうでもなかったり

 

第一、僕たちの時間は1時間960円なんて

そんな安っぽいものなのか

 

もっとハイパフォーマンスを出せて、

将来的に、その時間を違うことに使えば、

2倍ぐらいの倍率で稼げるんじゃないか

 

 

色々書きましたが、

その時間にどれだけの価値があるのか、

 

表面上の値段ではない、もっと違う見方の価値があるんじゃないか

 

もっと、時間というものを意識して生きていこうとおもった今日この頃

見極め

 

おはようございます。

 

ついに昨日、ブログを更新せずに終わってしまいました。連続更新記録が18で途絶えました、、

 

何があっても毎日ってなかなか大変ですね、、

できている方本当に尊敬します。

 

ここから立て直してまた連続記録伸ばしたいと思います。次は2週間以上。

 

 

今回、言い訳ではありませんが、

更新できなかった理由を述べます。

 

そう「オール」をしてしまいました。

オールとはオールナイトのこと、

つまり寝ずに朝を迎えると言うことです。

 

その影響により、次の日頭が回らず、

ブログだけでなく他のいろんなやるべきこともできませんでした

 

そこで、今回この失敗に関係する「見極め」について書こうと思います。

 

昨日僕は、「見極め」ができませんでした。

 

明日は休みだから、もっと話をしたいから

そんな理由で、オール大丈夫っしょ!って

なっちゃいました。

 

大丈夫だと見極めたわけです。

 

でも、大丈夫じゃなかったです。

 

昨日、大丈夫だと見極めるか、大丈夫じゃないと見極めるかで全く次の日の効率がかわってしまいます。

 

 

前々からオールは自分には合わないとわかっていました。

しかも、僕はロングスリーパー

結構長めに寝た時の方が朝スッキリ起きられます。

 

そう言う風に自分のことをわかっていたはずなのに、オールしてしまった

 

見極められてませんねー

 

 

オールしたことによって、

万全の状態じゃなかったので、

それも僕がやるべきことを手を抜く格好の理由になりました

 

寝てないから、今日はこれできないな

明日やろう

 

こんな感じにできないない理由を見事に探し当てます。

 

 

正しく見極める

 

大事です。

 

 

そんな昨日