Sunablog

東京に出た島根の学生の備忘録。

ホームレス大学生


こんにちは。
珍しく昨日今日と2連投。

すっかり秋になりましたね。

そんな季節の変わり目に、重大発表をさせていただきます。


私、ノツスナオは
ホームレスになります。

f:id:sunapong:20180919124402j:plain


今年入ったあたりからするするいっていました。
するする詐欺になりかけていた、このチャレンジですが、踏み切りました。

踏み切ってしましました。。。




このチャレンジの理由は多々あります。
・八王子から抜け出したかった
・部屋の片付けがめんどくさい
・一人暮らし寂しい
、、、、etc



その中でも一番決め手となったのは、
ホームレス小谷さん

この人は一日を50円で売ることから始めて、今ではお金や家がなくても、人伝いに生活して生きてるという。。。

どういうこと?笑

最初に知った時は本当に衝撃を受けたのを覚えています。
確か、キングコング西野さんの記事か何かでホームレス小谷さんが紹介されていて、それをみて色々調べ始めました。

logmi.jp

 

この記事で紹介されている中ですごく印象に残るワードとして
『信用の現金化』というものがあります。

お金に関して色々調べたり勉強している方はわかると思いますが、
お金の本質とは何かと考えた時に、
『お金=信用』
という概念が出てきます。

 

そもそも僕たちがいつも使っている、持ち歩いている現金。
あの紙切れが、あの金属の塊に500円、1万円分の価値は本質的にはありません。

じゃあなんであんな紙切れで、めっちゃ美味しいもの食べられたり、
遠くまで行けたり、自分が身に付けるものを買えたりするのでしょうか。

 

そこで出てくるのが『信用』というものです。


信用とは?

確かなものと信じて受け入れること。「相手の言葉を信用する」

それまでの行為・業績などから、信頼できると判断すること。また、
 世間が与える、そのような評価。「信用を得る」「信用を失う」「信用
 の置けない人物」「店の信用に傷がつく」

現在の給付に対して、後日にその反対給付を行うことを認めること。
 当事者間に設定される債権・債務の関係。「信用貸付」

デジタル大辞泉参照 




僕らがお金を払って、何かをしてもらったりできるのは、そのお金に「信用」が宿っているからです。
そこに信用がなければ、お金もただの紙くずです。

ってことはですよ?
ってことはお金じゃなくても、信用さえ得られればお金なくても生きていけるってことじゃないですか?


それを実践してるのが、先に紹介した小谷さんです。

小谷さんの活動は多岐に渡り、
自分の1日を50円で売ったり、
ファンクラブを作ったり、
自分の好きな人を呼んでフェスをしたり、

ホームレスなのに嫁さんもらったり、

その結婚式をクラウドファンディングで全てまかなったり(実質0円結婚式)、
活動が注目されNHKに密着取材されたり、

もうとにかく、自分の信用というものをフルに活用して、自分の人生を生きています。




小谷さんの活動をわかりやすくまとめてくださっている個人の方の記事がありましたので、勝手に載せさせてもらいます。

totodayo.hatenablog.com




さっきもこんなtweetしてました。笑
ありえんw

f:id:sunapong:20180919125909p:plain







と、
『こんな人、いるんか!!!』

衝撃を受けた僕は、「ホームレスしたい」と言葉に出して周りの人に言いふらしていました。


最初はふざけ半分でいっていたことが、あら不思議、
半年後に本当にアパートを出ることになるとは。。。。


これは僕の持論ですが、やりたいなあとぼんやりと思ったことは

言葉に出して周りに言いふらすこと。

そうすると、周りの人が
『お、そういやホームレスするんだよな?いつするん?』ってまくしたててくれますw


その時に、「いや、やっぱやめたんよ、、、、」って言うのかっこ悪いじゃないすか



だから最終的にやらざるを得なくなると言う。。。
自分の周りにやらなければならない状況を作り出すことで、行動にうつす自分を後押しするって言う方法です。

f:id:sunapong:20180919122111p:plain




そのおかげで今回ホームレスをしてみようと、
言う形に落ち着いたわけですが、、、


どんな感じでホームレスしようかなと。


小谷さんと同じく、1日50円で売る方法もいいんですが、なかなかそれも時間を使うし、もう小谷さんやっとるし、



で、部屋の片ずけをしていた時に



「めっちゃ本余っとるなあ、邪魔やなあ」と思ってたわけですよ。
ものを大切にしたい僕は(自分で言う)、捨てるのももったいないなあと。


じゃあ、人にあげようと!


そんでもってあげる代わりに泊めてもらおうと!

 

一回きりですが、本をあげる代わりに泊めてもらうっていうのいいんじゃないかなと思ったので、そうします。

 


もれなく、その本を読んだ僕の読んだ感想、解説付きです。(多分いらない)

f:id:sunapong:20180919201448j:image

 

f:id:sunapong:20180919201503j:image 

 

f:id:sunapong:20180919201602j:image

 

f:id:sunapong:20180919201619j:image

 

f:id:sunapong:20180919201635j:image

 

f:id:sunapong:20180919201652j:image

 

f:id:sunapong:20180919201726p:image

 

この中で欲しいものあれば、TwitterのDMにて、

または知り合いの方はLINEでもmessengerでも構いません。ご連絡ください。

 

 




と、まあ、そんな感じのちっこい企画をつけて、ぼちぼちホームレスをやりたいなと思ってます。


そんなに上手くは行かないと最初から、期待は低めに思っていますが、
まじで野垂れ死そうになったら誰か助けてください。

これから冬なので、凍死しないか、そこだけ心配ですが、なんとかやるからには頑張りたいと思います。




ちなみに、手前味噌であれなんですが、
全国いろんな地域回ったり、
200人くらいの高校生・大学生のキャリア相談に乗ったり、
中国でjapanese蕎麦売ったり、

島根PR大使やったり、
起業したり、
いろんなことをしてるので、ある程度面白い話はできると思いますし、
誰か人を繋げることもできると思います。




どうか、ホームレス大学生ノツに手を差し伸べてくださる方がいれば、

僕のtwitterでDMくださると大変嬉しい限りです。

twitter.com






来春には、『しまねハウス』という
島根出身で東京に上京してきた学生限定のシェアハウス兼、
東京にちょこちょこ出張される島根の面白い社会人の方のオフィス

をつくろうと仲間と計画を進めているので、上手く行けば春にはそこに移り住みます。



なので、期間限定ホームレスです。



よりによって

秋口から春前までという1年で一番厳しい季節にこのチャレンジをする自分に辟易しているわけですが、なんとかサバイブしようと思います。




ほんと皆々様、ちから貸してください。
よろしくお願いします!!!!!




そんなチャレンジをする今日この頃。